Month: 4月 2017

娘と留守番で硬筆養成やUNOをやったこと

婦人が家の田植えの手助けに行った。ボクは身長が厳しく、田植えをやると腰が痛くなってしまうから休ませてもらった。その報告、秋の稲刈りのときは頑張らないとと思っていおる。
一年中こどもと留守番することになった。まずは、硬筆の稽古をやった。親の視線から見るとそれなりに綺麗に書けていると思っている。自ら的には、依然としてと思っているようで収支5枚稽古をした。昨年は、市の見本市出展とれる講習第一人者に選ばれず、悔し泣きを流した。そのことを覚えているのか、去年より稽古熱心である。努力をしているのだから、良い結果が生まれると良いなと思っている。レジャーで、私も1枚描いたが、実に恥ずかしい作になってしまった。
硬筆の稽古の後にUNOをやった。至って懐かしかった。こどもは学童でぐっすりUNOをやるようで法律も完璧に覚えている。しかも手段をとっくり練ってカードを出してくるので硬い。こちらも手加減抜きでやったがあまり互角の実りとなった。高麗美人 薬局

ポケモンGOの案内が多いね。あれこれ、大してポケモン好みだったの?

完全にブームになっていますね、「ポケモンGO」。
米で評価だという報知が何度も流れて、そして、日本でも配信されて、この状態。

私は、ポケモンの世代です想う。
小学校の一瞬、ポケモンを100匹だったっけ?名前を並べて歌にしたもの(「ピカチュウ・カイリュウ(?)〜」とか何とかの歌)をボツボツ歌うキッズがいた、そういった世代だ。
私はレクリエーションも戯画も知らなくて、ピカチュウは名前と外見が一致するけど、他はそれほど分かんない。カメのものとか、よく見るけど、名前が思い付か。ミュウとかミュウツーとか聞いたことがあるけど、どういう姿か思い出せない。

ソーシャルネットワーキングサービス見てたら、青少年とおっさん…失礼、オヤジとのお喋りが目立ちてるみたいで、おもしろいなーとおもう。
だけど、自分、きちんとポケモンマニアだったの!?報知で取り上げるから、こういうのかな??
でも、世間を見廻りながらレクリエーションをするっていう概念は、凄く楽しいとおもう。ポケモンをよく知らない私でもやってみたくのぼる。
仮定リアリティとはまた違うおもしろさがあるようにおもう。http://www.pernellrobertsaroundtheworld.com/musee-douhansha/